最初パソコンを趣味で始めた時には電話回線の終わり頃で、その後はISDN回線になり、劇的に早く感じ、それもパソコンだけの使用回線で料金も定額制になっていましたから、使い放題になり、やっと今のインターネットに近づくことができました。
それで電話回線よりはゲームのダウンロードもだいぶ早くなりましたが、それと共に、ゲーム自体も進化し、特にグラフィックが綺麗になり、そのゲーム自体の差がよくわかるようになりました。
つまりグラフィックが良いゲームは、当然見ていても心地が良い面白いものになりますが、その分ファイルが大きくなり、ダウンロードがとても時間がかかるのと、その大きなファイルを保存するHDDが問題で入り切らないものも出て来ました。

それともうひとつの問題は、パソコンの性能がそのゲームに追いつかないものが出てきて、これはその後も数年悩まされました。
パソコンは一度購入してしまうと性能を上げるのが容易ではありません。拡張の問題ですが、それができないパソコンはゲーム自体が動かないとか、動きがフリーズしてしまうとかで、長い時間をかけてダウンロードしても動かず、二重にがっかりしたことが何度もあり、最後にはダウンロードしないようになったものでした。
その頃は今もありますが、有料のゲームの体験版というのがあり、無料でお試しができるもので、それをダウンロードして遊んだ時期もありましたが、やはり殆ど動きませんでした。
そんな経験をしていました。