前に、農業用の機械を作るメーカーに勤めていました。昔は小さな器具を作る会社だったそうですが、だんだんと規模を大きくして、小さな汎用エンジンをつけた、小型の農業用機械を作るようになったそうです。私は営業のアシスタントをしていたのですが、その会社が大きなビジネス向けの展示会に出展することとなり、その準備などを任されました。まだ入社2年くらいのときで、展示会などに行った事もなく、正直、展示会なんていうものの想像がつかなくて、任されてうれしかった反面、何をしていいか分からず、すごく困りました。しかも予算はすごく少なくて、展示ブースを作るのも、業者にデザインを依頼して・・ということもできず、一人で構想を練りました。展示する機械の準備などバタバタとし、当日を迎えました。

いざ展示会に行ってみると、まずその規模の大きさにびっくりしました。展示ブースをいろいろ回りましたが、お金をかけているであろうブースは、デザインもおしゃれで惹かれるものがあり、自分の作ったブースのみすぼらしさを、思い知らされました。試供品を配ってアピールしている企業もたくさんありました。大きなメーカーはテレビCMをずっと流していたり、製品紹介のビデオをずっと流していたり、注目を集める工夫をしていました。はっきり言って自分の作ったブースは失敗作でしたが、他の企業を回ることですごく勉強にもなりました。普段なかなか会えない取引先の人が、ブースに尋ねてきてくれたり、それなりに新規のお客様を獲得できたりと、出展自体は良い結果を出せたと思います。